CRAFT BASE

BLOG

【イベントレポート】「つくるひと vol.9」に出店致しました。

ゴールデンウィークなか日の5月2日(水)は立川にありますスマイルキッチンさんで「つくるひと Vol9」に出店させていただきました。Nishitokyo CRAFT BASEは「くらすき」生活道具の販売と木のスマホワークショップの内容で参加です。

 

立川に現れたオアシス

 

西武新宿線「玉川上水」の駅で多摩モノレールに乗り換えて1駅。「砂川七番」の駅から歩いて10分弱の住宅街の中にいきなり現れる雑木林。そのなかにポツンと佇む木の空間が今回の会場、スマイルキッチンです。実はこの場所スマイル農園さんがお持ちの場所ということで、商業的でない雰囲気がまた素敵でした。一瞬にして東京にいるということを忘れさせてくれるような空間。写真では見ていたものの実際にその空間に足を踏み入れるとまるで軽井沢に来たかのよう。

 

今回は、スマイルキッチンさんの屋外でワークショップと販売をさせて頂きました。

以前から気になっていたイベントだったので、今回声をかけていただいたことはとても幸運でした。出店者さんたちは初めましての方が多かったですが、素敵な場のチカラもあって和気あいあいと和やかな雰囲気。

当日は晴れて暑くも寒くもなく、外にいるのが本当に心地良かったです。思いのほかくつろぎすぎてしまって自分が出店者か参加者かよく分からない状態に。笑 改めて「場」が持つ可能性や重要性を確認することも出来た貴重なイベントでした。

 

 

自然のなかで木のワークショップ

今回は木と緑に囲まれた空間やイベントコンセプトにも恵まれてワークショップに様々な方が参加してくださいました。やっぱり男の子は見ると血が騒ぐようで(笑)お母さんを説得して参加してくれたり、家族へのプレゼントや自分自身の為に作ってくださいました。最終工程でオリーブオイルを塗るのですが、その際に木目がとても鮮やかに輝きだすと作っている皆さんの目もキラキラしていて、見ているこちらが嬉しくなってしまいました。

また「くらすき」で扱っている静岡天竜のヒノキに興味を持ってくださる方や無垢の木自体に興味を持ってくださる方が非常に多くてご説明しながらお話しする時間も楽しかったです。

ものづくりの人たちの愛が詰まった素敵なイベントでした。機会があればまた是非参加したいと思います。